認定血液浄化関連臨床工学技士試験を受けた話

みなさんこんにちは。

臨床工学技士Vtuberの青峰ツバサ(https://twitter.com/home)です。

今回は2022年2月ごろに行われた第4回血液浄化関連検定試験を受けた際の体験談について記事にしたいと思います。

 

1.認定臨床工学技士とは

 日本臨床工学技士会が発行した資料によると以下のように記されています。

 

``認定臨床工学技士は臨床工学技士制度の基礎的な資格として、医療機器の安全運用・保守管理の普及と啓発を目的に構築されたものです。``

 

 つまり血液浄化関連では血液浄化に関する分野の基礎的な資格となります。

 

2.受験資格

 認定血液浄化関連検定試験の受験にはいくつか条件があります。

 

 ①指定講習会の受講

 ②医療系国家資格の保持

 

 試験を受けたいと思っている方が一番最初にすることは、指定講習会に申し込みすることです。講習会はeラーニングで行われます。日本臨床工学技士会のe-プリバドにログインし、受講の申し込みをしてください。指定講習会の受講には15000円の料金がかかります。

 

3.試験方法

 eラーニングの受講が完了したら、受験申請が必要になります。受験料は10000円です。

 認定試験には試験期間があり、自分の都合にあった日にちで試験を受けることが出来ます。試験期間は10日間です。

 試験はCBT方式にて行われます。CBT方式とは試験をコンピュータ(パソコン)にて行うことです。CBT-Solutionsという会社のシステムを利用して試験は行われます。CBT-Solutionsは全国にあるため、住まいの場所から一番近い場所を選ぶのが良いと思います。しかし、会場には認定臨床工学技士試験以外の資格試験を受けに来ている方もいらっしゃいます。人気の試験会場は定員になってしまってることが多いです。私も一番近い試験会場は既にいっぱいで少し離れたところで受験することになりました......

 試験は5者択一です。臨床工学技士国家試験を受けた方は何となく5者の組み合わせの仕方が思い浮かぶと思いますが、国試とは違う組み合わせで問題が出ます。部分的にわかっていれば答えが出せるものや、5者すべてわかっていないと答えが出せない問題もあります。

 

4.認定方法

 認定試験に合格すると、認定申請が必要になります。認定には以下の要件があります。

(1) 当該領域の検定試験に合格していること(有効期限 5 年)
(2) 認定申請前年度から遡り 2年間連続して本会正会員であり、
     会費を完納していること
(3) 臨床工学技士として認定申請領域の実務経験が 2 年以上あり、
     現在も従事していること
(4) 認定申請日から遡る 5 年間に1回以上「日本臨床工学会」または「地域臨床工学           会」に参加していること
(5) 認定申請日から遡る 5 年間に要件を満たす単位を 20 単位以上取得していること             ※ただし、当該領域に限る

 

 認定申請料は1000円です。他にセミナー等で単位を得なければいけないためその分費用が掛かります。20単位自体はそんなに厳しいものではないと思います。

 

5.試験範囲

 試験は講習会時に配布されたテキストやeラーニングの中から出ます。内容としては、工学的なものや腹膜透析、在宅透析など幅広く出題されます。

 

5.受験した体験談

 受験した感想としては意外と難しいなと思いました。しかし、2021年度試験の合格率は86.8%と高い合格率となっています。実際に受けた身としては試験問題と合格率にギャップを感じていますが、しっかり勉強すれば合格できる試験なんだと思います。

 勉強方法としてはeラーニングとテキストのみで大丈夫だと思います。他に透析関連の書籍を購入する必要はないと感じました。

 実際に出題された内容として腹膜透析、在宅透析の内容は割と簡単で問題数も多かったので勉強した方が良いかなと思いました。透析液の清浄化についての問題も多く、この辺りが透析技術認定士等の問題と違う点かなと思います。診療報酬の問題も出題され、具体的に何点かを問われる問題もありました。

 ちなみに、受験日が10日間あるため試験問題を知ることができるのではないかと思ったのですが、中々情報は集まらなく......固定の問題もあると思いますが人によって変えている問題もあるように感じました。

 

6.最後に

 正直お金がめっちゃかかるので気軽に受けてみてとは言えないのですが......腎代替療法専門指導士という資格の認定要件に専門、認定血液浄化関連臨床工学技士であることが条件になっています。この腎代替療法専門指導士は診療報酬に繋がる資格の為、病院としても必要になる資格だと思います。同僚や後輩と差をつけたいと思っている方には是非、認定血液浄化関連臨床工学技士を目指してほしいです。

 最後までご覧いただきありがとうございます。